メジャーデビューの難しさ

cutman booche(カットマン・ブーチェ)はインディーズバンドである。現在はすでに解散しており、活動期間の約9年間に出した楽曲はアルバム3枚、シングル1枚、ミニアルバム3枚とインディーズバンドとしては出版数も多いほうである。
解散理由としては、方向性の違いやバンドに対する気持ちや考え方がズレてくるなど、メジャー・インディーズ関係なくどこにでもあるようなモノだった。

cutman boocheに限らず、彼らのようなバンドは毎年アリんこのように無数に湧いて出てきて、そしてそれと同様に夢破れて解散していくのだ。インディーズでレーベルを出せただけでも彼らは幸運だったといっていいかもしれない。それほど、掃いて捨てるほどいるバンドの中からメジャーデビューするというのは難しいことなのだ。
とっくにバンドブームは過ぎ去っている中、それでも自分たちの音楽で夢をみて、希望を託せるという人種はもはやバンドマンしかいなくなってしまったのかもしれない。私はそんな彼らを応援したかった。

下積み時代が色濃く残るのが、バンドマンたちの書く詞だ。まさに実体験をもとに書かれる詞にあらわれる。売れない、貧乏、挫折。今、第一線で活躍しているメジャーバンドたちにもそんな経験があったからこそ、感性豊かな曲が生まれ、たくさんのファンに共感されるのではないだろうか。そう考えることができれば、数年後、テレビの中で唄っているのは君たちかもしれない。

売れない時代というのはどうしてもファンの中のエロい子を使いまわすんだよね。

女性向けの高収入在宅バイトといえばが人気です。

【驚愕!】バンドマンの彼女の本音!